忍者ブログ
ウチの子かき散らしの場。 頻繁に追記・修正かまします。コメント歓迎なのだ。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


ボツった風花の大ゴマ。
当初一番描きたかったはずだったし修正も何度もくわえたのですが、
「模似多のイメージ固定させたらあかんやろうなぁ…」てことでボツ。というか自信なかったんよ(´・ω・`)
巻物、とはいいながらも常設されているのかもしれませんしねーあと普通の巻物大なのかとか云々。
まぁ結局は現代のPCのように「色んな型がある」という形でキャプション記入いたしましたが。
うん色々あってもいいんじゃないかしら!皆もっと描くんだ!私そっちに従う!!←

まぁ風花をちゃんと「巫女隊神楽組として」描けたことは満足です。
「なんでもあり」になりやすい設定って実はすごく扱いづらいんですよね。
だから、能力の方向性を示せたのは今後自分にとってやりやすいとです。
ちなみに「○○の××」の○に入るのは基本和柄のパターン名です。綺麗な名前が多いのよー。
でも『亀甲』の元ネタは亀甲シールド(スー○ービッ○リマンのアスカ)です(´∀`)

で、兄さんの「邪魔」のくだり、実は当初は無言で進める予定でした。
でも何かセリフの密度が偏ってるなぁ、と思いつつなんとなく入れたらしっくり来すぎまして(・∀・)
偶然の産物は偉大です、むしろ自キャラ関連は3割以上が偶然で出来ています。


飛猫。紫檀→しだん→オブシダン(黒曜石)。土属性だし黒い鉱石だし、ってことで。
当初は黒檀の予定でしたが、うっかり紫檀(したん)の文字を見て悩み悩み。
最終的に納得いくものになってよかったです。オブ→黄部、とも取れるしね。うん、こじつけ。

さてしばらくはオフ会資料と他作業だよ!うかうかしてると7月下旬に入るしね!
次のターンの用意は……どうしようかしら(゜∀゜)←



ところでSaGa2リメイク版がwktkすぎてブログパーツ設置してしまいました。
先生ナデナデすればいいと思うよ!クリックした後にブログの画像をざっと確認してみるといいよ!!
頻繁に作業BGM化します。伝説は始まるはサガ初プレイのロマサガ2の頃から大好きです。
BGM1は特に、なんというか、召されるわ…。

拍手

PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
素晴らしい音楽をありがとう!
大ゴマ、高解像度で作業されている予感。
一枚絵への流用が可能!?

巫女の術は各キャラ毎に自己流の使い方して良いと思うのですよ。
他に比べてテンプレがカッチリしてる分、そうして個性を演出。
私はこのテンプレを上手くアレンジできないので、どうも巫女投入は敬遠気味。
どちらにしろこれ以上キャラ増やせませんが。

あぁ、この曲はSAGAシリーズの曲なのね。
力持ちイーリス(5人運ぶ)の思い出しかないもので。
2009/07/14(Tue)  23:19 編集
無題
>お母さん
添付の分が原寸ですー。あとはひたすら縦に長い!
一枚絵にするには大きさが足りない!あと気力!!

巫女に関しては別の方とも話したのですが、
テンプレ化している分、キャラとしての個性を生かすのが難しいというのは共通認識ですね。
その個性を、きちんと「巫女として動かす」ことで印象付けられたらいいな、というのも今回の目標でした。
舞姫組のほうも何か生かせれば、と思いつつキャラ考え中ですが、デザイン決まらねぇ\(^o^)/な状態。

>曲
元はGB版にあったんですよー。サントラで聴いた時にビビったとです。
いい曲なだけに、今になってアレンジでも聴けるのは嬉しいです。プレイ前からサントラが楽しみです。
ちなみに私は人力車コースでした(`・ω・´)
柳樹 2009/07/19(Sun)  01:42 編集
語り部であること HOME ぐだぐだと。
photo by 七ツ森  /  material by 素材のかけら
忍者ブログ [PR]
プロフィール
HN:
柳樹(やなぎ)
性別:
非公開
自己紹介:
基本おバカ。落ち着きがない。
視野が一直線すぎて困る。
もうそう大好き。
好きな言葉:「予定は未定」
最近の動向
最近の投稿
最新CM
[01/01 柳樹]
[01/01 いなば]
[08/12 柳樹]
[08/12 母]
[07/19 柳樹]
どろわー
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
世界樹の迷宮Ⅲ
↑だけじゃなくて