忍者ブログ
ウチの子かき散らしの場。 頻繁に追記・修正かまします。コメント歓迎なのだ。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

描かれたら描き返す事と、
描かれても描き返さない、描きたい物だけを描く事の話。

結論:両方とも大事です。

交流企画という舞台において、キャラ達には描き手の意思なんて及びません。
描き手は単なる「語り部」。そしてキャラとキャラとの間には細くとも太くとも絆や接点がある。
特鬼隊なんてわかりやすいでしょうね。同じ隊であるなら顔合わせも集合も同じくする。

ここでいう描きたいものとは。
描き手が、何を持ってそのキャラを生み出したのか、それの欠片達を投下によって表す事だと思います。
それは設定でも性格付けでもなんでもあり。自キャラ同士でも大いに結構!
それによって、他の描き手がそのキャラのなりを見る。キャラが動く事はとても大事。

描き返すとは。
キャラとキャラとの結びつきを強くすること。語り部同士が語り合うこと。
キャラ同士だけじゃなくて、描き手もお互いに認識するんですね。
「私はあなたを知っている、あなたも私を知っている」というサインである。



続き。

を書こうとしたけどgdgdまくりだったんで書き殴ったメモ帳に収めるに留めます。
代わりに20日ほど前に某SNSで書き殴ったもの残しておきますよ。



いろんなやり方で、いろんな経験をすればいい。きっとそれだけ。
しがみつく事に必死で、そのうち楽しむことを忘れそう。
前提あれど、自分が楽めているのかって事が第一さ。

一度否定してみて見えるものもある。
それでも好きなら好きだと胸張って言えるんだぜ。

だから楽しむために、楽しめる方法で頑張ろう。



「自由とは、どこかへ立ち去ることではない。考えぶかくここに生きることが、自由だ。」(長田 弘)

拍手

PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
炎の揺らめき 意識の揺らぎ HOME 決闘祭2折り返し
photo by 七ツ森  /  material by 素材のかけら
忍者ブログ [PR]
プロフィール
HN:
柳樹(やなぎ)
性別:
非公開
自己紹介:
基本おバカ。落ち着きがない。
視野が一直線すぎて困る。
もうそう大好き。
好きな言葉:「予定は未定」
最近の動向
最近の投稿
最新CM
[01/01 柳樹]
[01/01 いなば]
[08/12 柳樹]
[08/12 母]
[07/19 柳樹]
どろわー
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
世界樹の迷宮Ⅲ
↑だけじゃなくて