忍者ブログ
ウチの子かき散らしの場。 頻繁に追記・修正かまします。コメント歓迎なのだ。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ニヤニヤ話を、どこまで書こうかと下書き中…。
過去話に突っ込む部分は本編でやろうかどうかとかか
(某方の過去話企画にちょっと期待(´∀`*)
って言いながら別の話をまとめたくなったりするからこれまた困る。笑。



蒼月のココノオ組加入時期は5~10年前あたり、にしてて迷っていたのですが、
10、11年前で前兆があって、サナギになってココノオ組に入ったのは6~8年前。
うん、これでいいや。


以下、蝶のメモ。
学校の講義中に聞いた話。

◆蝶について

天と地を行き来する羽を持つことから、
蝶は「魂」もしくは「魂の運び手」という位置づけである。
「魂」とは、肉体の欲望にとらわれない「純粋」な存在である。

【卵→幼虫→蛹→成虫】の蝶の一生を、人間の魂の遍歴に置き換える。

卵:水晶のように透き通った、美しいもの。
しかしそれは閉じた世界、いつかは自力で割り外界へと飛び出す。

幼虫:気味が悪く美しくない存在。葉を食い散らかす様は「貪欲」と捉えられる。
肉体を手に入れた人間を表し、「穢れ」とされている。
鳥にとらわれたり等の生命の危機を回避しなければならないことから、
試練の時期という位置づけ。

蛹:蛹→成虫は「浄化」を表し、そのための体を作るための期間。
仮死状態であるとされている。
鎧をまとった姿であり、外界との接触は一切ない。

成虫:「蝶」で前述したとおり、「魂」そのものとも捉えられる。
「再生」を表し、その美しい見た目から、
魂が(卵のときよりも?)より純化された存在である。



「貪欲」「試練」ってのは蒼月にとっては今の時期かもしれない。

拍手

PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ニヤニヤ…だと…? HOME ちょい訂正
photo by 七ツ森  /  material by 素材のかけら
忍者ブログ [PR]
プロフィール
HN:
柳樹(やなぎ)
性別:
非公開
自己紹介:
基本おバカ。落ち着きがない。
視野が一直線すぎて困る。
もうそう大好き。
好きな言葉:「予定は未定」
最近の動向
最近の投稿
最新CM
[01/01 柳樹]
[01/01 いなば]
[08/12 柳樹]
[08/12 母]
[07/19 柳樹]
どろわー
カレンダー
01 2018/02 03
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
ブログ内検索
世界樹の迷宮Ⅲ
↑だけじゃなくて